NEWS

監督・選手コメント【リーグ戦 第3節 福岡J・アンクラス戦】

◆井上晴雄監督
今季初めてのホーム戦ということで、試合前、選手たちには、相手に対してリスペクトをもって臨むように、また、立ち上がりを賢く戦うことができれば得点チャンスは生まれる――と言って試合に送り出しました。
そんななか、なかなか得点がとれない状況でイライラしてしまったのですが、選手たちは僕より冷静にやってくれたと思います。

1点の重み、ですね。
後半、相手はパワープレーでくるだろうと考え、ハーフタイムにはセカンドボールを拾っていこうという話をしました。
それから、右サイドを中心に崩されていたので、足元の上手い選手、丸山を投入しました。
それで何回か得点チャンスがあったのですけど、最後の最後に失点してしまいました。
ケガ人で一人少ない不利な状況ではあったのですが、あそこはしっかりと耐えなければいけなかった時間だなと、反省しています。
吉澤が倒れているあいだ、FWには、相手にフリーで打たせないようにと、2列目の選手には「セカンドボールを拾うようにと指示しました。
それでコンパクトな状態で守れたかなと思うのですが、最後のCKは残念な結果になってしまいました。

(今日の収穫は?)
得点が取れたことは、すごく嬉しかったですね。
得点を取れるチャンスも多く作れたということに関しては評価できるかなと思います。
このチームは、豊田(奈夕葉)が入り、丸山(桂里奈)が入り、いろんな面でまだまだかみ合いが――チームとしてのボールの運び方、個人の得手不得手がまだまだかみ合っていないので、その辺がマッチしてくれば面白いチームになると考えています。

(豊田、丸山、加入の影響は?)
豊田は丸山より早い加入でした。
当初は「わたしは人見知りなんで」と言っていたのですが、今はガンガン、コーチングをしていたりして、より良い影響を与えてくれています。
丸山については、本人はほぼ100パーセント完治していると言って、練習やトレーニングマッチ等もチームに溶け込めるよう取り組んでいます。
その中でも、ガンガン……豊田、丸山曰く、「高槻はおとなしい」らしいので、もっともっと刺激を与えてくれたらなと思っています。

◆浜田遥選手
今日は自分で何もできなかったので……。
サポーターやお客さんがこんなに来てくれると思っていなかったので驚きました。
次の試合も来てくれるかどうかは試合次第だったのですが、空回りして、力みすぎてしまいました。
悔しい。
どんな試合でも落ち着いて、自分らしいプレーがいつでも出せるように頑張っていきたいです。

◆豊田奈夕葉選手
最後の最後に、もったいない試合でしたね。
一人少なくなった(3人交代後、吉澤が負傷退場)とき、タイミングがキツイなと思いました。
今日は暑かったし、チームでは普段、練習を昼間にやらないので、その分、疲労が出ていた。
あの時間帯で一人少ないのは不利だなと思いました。
それでも、慌てないでいこうと、前を1トップにしてという話し合いをしてシステムを変えましたが、最後、疲労もあったし、昼間の試合に慣れてないというのもあり集中が切れたのかなと思います。

(先制しましたが)1点で守りに入る気持ちは誰もなかったと思います。
チームの状況からしても、これからいろいろチャレンジしていかなければならないことが多いので、そういう意味では、もうちょっと攻めの形のバリエーションを増やしたり、最後に決めきるところだったりをやっていかなきゃいけないなと思っています。

◆丸山桂里奈選手
最後まで集中する、集中力ですね。
高槻は練習からまだあまり、選手同士が思ったことを伝えあわない、「こうしてほしい」という意見交換、コミュニケーションがない状態。これからどんどんコミュニケーションをとって、1試合1試合やっていかないとと思います。
でも、誰かに言われて改善するかどうかは、自分でもやらなきゃいけないと思っていなければやれないことですよね。
チームがそういう風になっていくように、自分や豊田がしていったらいいかなと思います。

今日はベンチで見ていて、自分たちでピンチを作っている感じがしました。
みんな、普段の練習ではもっと冷静につなげるんだけど、公式戦になると慌ててしまったりとか、相手のプレッシャーが早かったりすると対応できなかったりするところがある。
でも、2部と1部は全然違うし、まだ3試合なので、これから慣れていければ。

この前の新潟戦は本当によかったのですが、ああいうところで勝てないのは、しっかりチャンスに決めきれないから。
自分の代表でのいろんな経験はすごく大きいものだと思っているので、それをどんどん、チームのみんなに伝えていきます。
そうすることでチームも自分も成長、進化できると思うし、そういう役割を与えられていると思っています。