NEWS

【選手コメント:なでしこリーグカップ2013 第9節 vs吉備国大】

◇奥田亜希子選手(キャプテン)
前半の2失点は、やはり(失点しては)ダメなところでしてしまった。先発メンバーが変わったこともあり、試合への入り方が良くなかったところで相手のパワーに押し切られた。そこで2点取られたことが今日は全て。このゲームが決まってしまったかなと思う。

後半はうまい具合に立て直しができたが、最後の1点がどちらに転ぶかというところで相手にいってしまった。それは自分たちのゲームの入り方のマズさや気持ちの弱さ。勝つメンタリティがついていないから、相手の勢いに押されてしまう。
リーグの後半戦は、全員で声をかけながら、抑えるところはしっかり抑えて、勝つことが出来る精神的な強さをしっかり持って戦いたい。でなければこのままズルズルいってしまう。そこは皆で立て直していきたい。

ハーフタイムに監督から喝を入れられたが、入れられて当然の内容だった。後半に交代で入った選手たちが流れを変えてくれ、2得点につながったのだけど、3点目が取れなかった。もう2~3点分チャンスがあった中で、あそこを決めるのが勝者のメンタリティなのか技術なのか、勝つためには、どちらかが足りなかったのだと思う。中断期間の間に、個人個人でしっかりと見つめ直し、鍛え直し、精度を上げていきます。

(サポーターの皆さんへ)
カップ戦では2勝できましたが、まだホームで勝つことができていません。カップ戦最終戦の今日は、ホームで勝つところをお見せしなければならなかった。それができなかったことは、応援して下さっているファンの皆さんに本当に申し訳ないし、不甲斐ないと思っています。後期はしっかりと気持ちが伝わるように戦っていきます。
応援していただいている高槻市やサポーターの皆さん、そして観客も増えているので、その流れを絶やさないよう、まずは降格圏を脱出するところから。相手が格上だろうと同率の相手だろうと一戦一戦、目の前の一試合一試合をしっかりと戦って、最後に残留できるよう頑張っていきます。応援よろしくお願いします。