NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグカップ2013 Bグループ 第3節 vs日テレ】

カップ戦に入ってから守備の修正をかけているなかで、今日はベレーザ相手にも連動・連続ということができはじめていた。ただ、ボールを奪ってからの攻撃に関しては時間がかかる。攻撃面での広がりがなかなか出ず、どうしてもネット一発になってしまう。まわりの人間が、サポートなり、違う人間が出てくるなりできれば攻撃の厚みが出てくると思う。

失点に関しては、毎回言っているのだが、前半の終わりと後半の立ち上がりの失点が多い。大半がこの時間に失点を食らっている。特にセットプレーは気をつけるよう注意を促しているが、チームの集中力、個の集中力が落ちた時間帯にやられる。それで「またやられた……」と士気が下がってしまう。メンタル面まで響いたゲームだった。毎回言っているのでこれは修正、言い続けていかないと仕方がない。そして点が取れない。セットプレーでしか点を取れない状況。それがいま一番難しいところだと思う。

(浜田)遥は、チーム状況を考えてサイドバックに置いている。DFを締めたいということで、(佐藤)楓と遥を両サイドに置いて、まず守備を締めるところからスタートしている。サイドでゲームを作ることを今年は基本にやっているので、浜田から、佐藤から、と。この二人は後ろのビルドアップからしっかりやらせている。適正で言えば遥は前に置いた方が良いと思うが、チーム状態として仕方がない。

ネットは今日が初めてのフル出場。復帰からもまだ3試合なので、合わせられていない。トラップをして前を向くことが技術的に得意じゃないのでグラウンダーで抜けていこうと。タイでやっていた時も、サイドのプレーヤーなのでグラウンダーでボールが入ることが多かったが、トップに置くと、サイドの後ろについてはどうしても浮いたボールになる。となると(出し手の)ボールの質が問題。あとはネットの動き出しが遅かった。その辺りについても、双方ともしっかりしていかないと。
後半は、一度ボールを止めるよう指示をした。ダイレクトで出さず、簡単にシンプルに止めてから出しなさいと。それで後半はちょっとボールが収まった気がする。受けることに関しては大丈夫。日本とタイとではプレッシャーが違うので慌ててしまうところがある。慌てず、受けて、それから出しても十分間に合うと、後半前に話した。それを実践してくれているので、あとは技術の問題。やり続けないと仕方がない。

今日のシステムは、スタートは攻撃で4-2-3-1で入った。守備に入ると4-4-2にして、2トップでセンターバックを二人置くのがベストかなと。1トップだと振られてギャップができてしまう。守備のときは4-4-2、攻撃は4-2-3-1で。あとは4-3-3のときもあるが。
中盤が弱いので人を置いた。今日の感じではそこそこできていたし、中盤については畑中を入れ活性化もできた。
(丸山)桂里奈は、ボールがほとんど入っていなかったので一つ下げた。ボールに触らせないといけないので。今日は守備に追われて完全にバテてしまい自分のコントロールが効かない状態だった。桂里奈には、難しいことだがもうちょっと攻撃に重心を置いてほしい。そのためにはまわりがもうちょっとサポートに入らないと難しい。