NEWS

【選手コメント:プレナスなでしこリーグカップ2013 第2節 vsジェフL】

◇奥田亜希子選手(キャプテン)
前節、良い試合をして、いつも良い試合の後は良くない試合になるので、そうならないように、今回の試合は入りからしっかりやろうとみんなで意識していました。結果的に2連勝はできなかったですが、チームの戦い方は安定していたかなと思います。リーグ戦のときほど、良い試合の後の悪い試合の落差がなかったのは成長したところかなと思う。
ただ、前半終わり際の失点……。全員が危ないと思っていて、声もかけあっていたので、あの失点はいらなかったし、やりようによってはちゃんと防げた失点だった。守備では、流れが悪いときのボールの切り方やクリアをはっきりするというところまで、次の試合では突きつめていきます。
今日の試合では全体を通じてセカンドボールが拾えなかったので、そこは、ディフェンスラインとサイドハーフとでバランスを取りながら、拾える率を徐々に上げていきたい。そこが拾え出したら、攻撃でもポゼッションもできるだろうし、シュートの場面も増えると思う。そのためにしっかり守備のバランスを取りつつ、セカンドボールも意識しながら全員がやっていきます。

ベレーザは全員が技術があるし、自分たちより格上。まずは、自分たちのサッカーを、どこが相手でも貫きとおせるように、焦らず慌てず、しっかりと守備から入っていきたいと思います。個人で勝てなくても、チームの集団で勝てるように、数をかけてボールを取れるようなバランスと距離感を保ちながら臨んでいきたいと思います。そして数少ないチャンスを、チャンスはほとんどないかと思いますが、チャンスにはしっかり決められるよう、そこの確実性も上げていきます。

◇浜田遥選手
試合に出るのが久しぶりで、練習でもバテちゃったりしていたので、今日もちょっと心配だったんですけど、リハビリ中もトレーナーさんがサッカーに近い動きを取り入れてくれていたおかげで、90分間やり切ることができました。リハビリでメニューをやっていてよかったなと思いました。
でも、もっと攻められたし、失点ももったいなかった。絶対に勝てた。もっとサイドバックから起点になれるよう、試合中にいろいろ話したり、プレーでチャレンジできれば良かったなと思います。

(相手の攻撃に対しての守備は)奥田さんがマークについてくれていたので、自分はそのカバーと、裏にだけは抜けられないよう気をつけました。監督からも、前でボールを回されるぶんには、回させておけばいいと言われていました。回されているのではなく回させていると考えて対応しました。

個人的には、ミスが多かったです。でも、その中でもまだ、久しぶりの試合にしてはできた方かなと思います。ここから上げて、少しずつ成長していきたいです。
前は、体がちゃんとできていなくて、シーズンの途中にケガしたりしていましたが、今回のケガで、トレーニングやリハビリの仕方など勉強して、体も意識も変わりました。