NEWS

【選手コメント:プレナスなでしこリーグカップ2013 Bグループ 第1節 vs浦和】

◇奥田亜希子選手(キャプテン)
守備から入ることが今日の課題だったので、それをチーム全体が集中して90分できたことが今日の試合の一番の収穫です。その結果が失点0につながっているのかなと。
前半の終わりと後半の始めが失点の多い時間帯だと、チームとして弱いことがリーグ1巡目の分析であったので、その時間帯は特にみんながガマン強く、声をかけあって集中を切らさないようにと、試合前に監督から話があったのですが、そこもしっかり全員11人でしっかり守れていたのが良かったと思います。

カップ戦だけで8戦ある。リーグ1巡目が最下位だったので、2巡目でしっかり降格圏を脱出して中位を狙っていくうえで、1巡目で出た課題をカップ戦でしっかり修正していきます。課題は守備のもろさ、失点の多さ。守備から入るというチームの戦い方の基盤を、この8戦でつくっていき、リーグ2巡目のジャンプアップにつなげていきたいと思います。

今日は、球際のところも気持ちが強く出ていたと思いますし、一番やられてはいけないバイタルエリアでも、まだまだ修正点や強くいかなければいけないところはありますが、1巡目に比べたらだいぶ行けるようになってきました。その分、攻撃機会が減ってしまいましたが、守りながら攻撃回数を増やすことを、このカップ戦の中で、あと7戦でちょっとずつ進めていきます。

(得点は)虎尾選手からすごいいいボールが出てきたので、本当に当てるだけでした。自分の技術があったとかいうものではなくて、虎尾選手のナイスボールでした!

リーグ戦ではリードする場面がなかなかなかったので、まず、点を入れた直後、監督から「5分集中!」と選手全体に声がかけられました。その5分は特に、守備が浮足立たないように、気持ちが波打たないように、チャレンジの気持ちを忘れないようにと、後ろから声をかけてやっていきました。それでもまだ危ない部分はあったので、引き締め方や集中のし直し方、リードしているときの戦い方などはまだこれからやっていかなければならないところだと思います。

◇大野摩耶選手
高槻での初勝利、めちゃくちゃうれしいです。
集中して、みんなが声を出せていて、それがすごく良かった。自分たちでやろうとしていた感じがあった。それは先週までのリーグ戦ではなかったかなと思う。
今日の試合前、みんなで、リーグで勝つために、カップ戦を無駄にしたくないし、試合中に思っていることがあったらもっと言っていこう――という話をしました。それが良い形で出た。
ジェフ戦、カップ戦ももちろん勝ちにこだわってやります。それからリーグ後期に向けて、前半戦みたいなことがないように良い準備ができるようみんなで取り組んでいきます。個人的には、無失点にこだわってやっていきたいです。

◇壷井綾子選手
今日は、まず守備からという意識で臨んで、全員で意思統一できて守れて良かったと思います。
久しぶりに勝てたので、勝つ喜びを忘れてました……。久しぶりに勝てて本当にうれしかったし、これを続けていかないといけないなと感じました。点ももっと、守備もそうやけど、攻撃ももっとやっていかないと。
ジェフ戦も、今日みたいにまず守備から入って、今日よりも点を取れるように頑張りたいです。攻撃は、サイドを起点に、センタリングを上げられるチャンスがあれば簡単に上げて、シュートを打つ意識を持っていきます。

◇畑中美友香選手
勝利の喜び……もう表せないくらいです! 今日はとにかく、はかさん(浜田遥選手)の分まで……。はかさんと楓さんと自分と、今日は3人の「グイグイ・パワー」(※)で勝とうって話してたんです。勝ったら「グイグイ」するって、はかさんと約束してきました。グイグイ・パワー、すごいですね!!
※広報注)畑中選手と佐藤選手は、吉本新喜劇で見たグイグイ大脇さんにハマっているようです

(個人の課題は)クリアのときに、ボールを切るときとつなぐときと、まだ流れを分からずにやっているところがあって、クリアボールが相手に行ってしまうことがあります。切るときはしっかり切って、つなぐところはつないでいけるようにします。
これまで(自分が)センターバックでやっていない相手とも対戦するので、そこでいかに自分ができるかを試していきたいです。ジェフ戦も、しっかり無失点で抑えていきたいです。

◇佐藤楓選手
とにかく今、うれしいです。本当に、勝ち切れない試合が多かったから。
ディフェンスは、無失点で抑えられたことが自信になったし、これをどんどん、次のジェフ戦でも、無失点に抑えて勝って、リーグ後期に向けて弾みをつけていきたいです。

◇虎尾直美選手
ブロックをつくって守るとか、監督に言われたことをしっかりやろうとして、結果につながったので良かったです。これから後期に向けてやっていく戦い方を今日やって、それが少しでも出来たのが良かった。
ポジションが右サイドバックのときは、攻められたときやスライド、ポジショニングを特に意識して、声を出せるように気を配っています。ボランチのときは、セカンドボールがあまり取れていないのですが、それを取れたら自分たちの攻撃ができる。しっかり収められるように考えて動いています。
勝ったとはいえ、攻められていたので、結果的に勝てて良かったという感じ。これから積み上げていかないといけない部分の方がまだ多いので、これを弾みに、次また、内容の伴うゲームができたらいいと思います。

◇本田紗希選手
ハーフタイムに監督から、ボランチのところで(相手の)トップにボールを入れられていると言われて、自分ではそこまでやられている感じがなかったんですけど、外から見ているとポジショニングが悪かったのかなと。自分の動き方などをもっと客観的に見て修正していきたいです。
前半はノンさん(松田望選手)と、相手のトップ下とボランチを消していこうと声をかけあって、スライドできていた部分もあったと思うので、そこは続けていきたいです。セカンドボールを拾えていなかったり、攻撃のときに、トップの裏に出すか足元に出すのかすごく迷ってバラバラになっていたので、そこを修正していきます。

(なでしこリーグ、リーグカップ通じて初勝利)
すごい久しぶりに勝ったので、うれしかったですけど、個人的には途中で代えられて悔しかったです。
ただやっぱり、勝つことがこんなに……うれしいというか……チームがまとまっていくための勝利なんだと感じたので、これからどんどん勝って、後期に向けて勢いをつけていきたいと思います。

◇松田望選手
めっちゃ長かったです、(試合)時間……。長く感じたけど、点を入れられる気はしなかった。今日はみんなが守備を意識していたから良かった。
カップ戦でしっかりチームをつくりあげて、後期のリーグにつなげないとやっている意味がない。後期に向けて頑張っていきます。個人的にも、監督が求めていること――今日は守備から入れと言われた――をピッチで表現したいです。

◇島村裕子選手
疲れました……けど、うれしかったです。(前線からのプレスは)しんどかったけどやることがハッキリしていたから迷うことは無かったです。
今日は、攻撃よりも守備をちゃんとしていくことを意識して入りました。試合中も、桂里奈さんと一緒に、こうやっていこう、どうやっていこうと、声をかけあってやっていた。自分たちで声をかけあってやっていたし、横の関係と縦の関係で試合中に話をしながらできた。アカンくても、どうする・こうするという声が出ていた。みんなが「やろう」という意識があったからそういう声が出るようになって、集中してやれた。それが今日は一番良かったと思う。
今の個人的な課題はシュート。打ててはいるけど、ゴールが入っていない。意識してシュートは打っているけど、最後、入ってないからそこを決められるようにしていきます。
ジェフ戦、また勝ちたいです。自分の点で勝ちたいです。

◇浅野未希選手
リーグ戦で1勝したかったのですけど、カップ戦ではありますが、サポーターさんの前で1勝できたこと、それもカップ戦の1試合目でこうして勝ったことは、チームにとっても自信になります。
今日は守備中心になってしまったんですけど、監督から、まず守備からといわれていて、練習からそういう意識を持ってやっていました。最後の最後まで全員で声をかけあって連動できたので、次につながると思います。
自分はサイドをつくことを、練習から、試合前にも、失敗してもいいから、サイド攻撃を中心にいこうと言われていたので意識していました。
今まで仕掛けの部分で、リーグ戦ではあまり、最後、クロスボールを上げ切るところまでいかなかったんですけど、今日は何本かですが、最後までやりきることができたのが良かったです。
次のジェフ戦では、さらにアシスト、得点を取れるようにしたいです。まずシュートを打てと全員に言われているので。シュートを打たないと始まらないし、打つことで流れも良くなるので、自分自身ももっともっと打てるようにしていきたいです

◇丸山桂里奈選手
今まで、負けたり、システムを変えたりしなきゃいけなかったり、ケガ人で人がいなかったりということが多かったので、本並さんとしてもやりたいサッカーの形ができなかったんだと思う。でも今回は「これでいく」という形があったし、それを選手が一生懸命理解してやろうというのが、練習からいつも以上にできたし、今日のゲームでもできた。
どこのチームも、まずしっかり守備をするから攻撃ができるんだけど、ウチのチームはなかなかうまく攻撃ができなかったりした。でも、守備ができれば負けない。あとは今日みたいにセットプレーでも、どんな形でも点を取れれば勝てる。今日は点が取れて良かったし、守備も、ディフェンスラインもチームとしても守り切れて自信がついたと思う。
(得点は)練習どおり。セットプレーの練習は普段からかなりしてます。練習どおりだったし、トラ(虎尾直美選手)のボールも良かった。
これがリーグにつながるように、これで固めていくと思うから、それでもっと良くなると思う。固まったのが大きい。今日やっと、本並さんが目指すサッカーの「はじまり」、方向が見えた気がする。
(次の相手ジェフは)リーグ戦でも点を取っているし、相手も自分のことをよく分かってると思うけど、その裏をかいていきたいです。

◇巴月優希選手
試合が終わった瞬間、楓さんとハイタッチしました! 自分がスライディングをして転んだ瞬間に終了の笛が鳴ったので、喜ぶ瞬間は顔が芝についてて、タイミングが遅れたんですけど……すぐ起き上がって楓さんとタッチしました(笑)。

今日は途中からの出場やったんですけど、暑いなかで味方も相手もしんどい時間帯だったので、自分は元気だから、思い切り走り回って積極的にいこうと思っていました。
相手にプレスをかけたら奪えるところもあったし、初めてリードした状況で残り15分ぐらいをプレーしたけど、危ないシーンも気持ちで、ボールがラインを出るまで足を伸ばして、一歩でも出したり、体を張るべきところは張ることができた。手応えを感じました。
今日は、点を取ってからもみんなで声をかけあいながらしっかり集中してできたことと、点を取ったからといって引かずに、もう1点取りにいく姿勢があったから良かったのだと思います。リードしたところで引いたりしたら、相手もどんどん攻撃してきたと思う。逆にこっちが、まだまだ行くという姿勢で行ったので相手も攻めてくる時間がなかったんだと思います。

◇ネット選手
勝ててとてもうれしいです。ずっと勝てない日々が続いていたので、大会は違うけれど、とにかく勝ててうれしい。
出場時間も徐々に増えてきて、足の痛みももうないので、来週も再来週も、徐々に出場時間を増やせたらと思います。
監督からは、前線で裏を狙うことを意識するよう言われていて、チームメイトにも(自分に)ボールを蹴るよう指示してくれているので、自分はとにかく良いポジションを取ることを意識しています。スピードに自信があるので、次戦も試合に出場できたら、サポーターのみなさんにはそこをお見せしたいです。