NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグ2013 第8節 vs新潟L】

ボールを蹴るとか、サッカー以前の問題。メンタル的なものでハナから負けていた。そこが全て。
球際、相手は必死になってスライディングをして取りに来るのに、ウチはただ見てるだけ。自分からしっかり動き出していない。レベルの高い相手が必死で来ているのに、ウチがその状態では勝てるわけがない。
それから、このチームにはチームリーダーがいない。引っ張っていく誰か、しんどいときに動く、声を出す――そういう選手が残念ながらいない。

球際に行ける、行けないは個人の問題。人の問題。自分なら「コイツに負けたくない」と思ってスライディングして奪いに行く。向こうの選手はそうだった。ガッと寄って足を伸ばして、こぼれたボールをまた味方が拾う。そういう執念が、欠如しているというか、意識がない。今シーズンここまでで一番最低の試合だった。
こうしてやっていこうと話していたことがしっかりできなかった。後半の3失点目が全てだった。やられたらアカンところでやられた。相手はキッチリやってきた。レベルの低い、意識の低いチームの典型だった。

次の試合は、この大敗を選手がどう捉えるか。もうダメだと思うのかどうか。それは本人たちが感じること。自分が躍起になって言っても仕方ない。
最後、執念を見せてサポーター、お客さんを喜ばせるのか、ボコボコにやられてお客さんが来ないようにするのか――。選手次第です。