NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグ2013 第7節 vsベガルタ】

前半は、前節と比べれば自分たちの形が出たかなと思う。ただ、不運な部分もあったけれど、不用意なプレーでセットプレーを与えすぎていた。あれだけあれば、一発ぐらい食らう。あまり良くない時間帯に取られた。それでも、流れ自体は良かった。後半はウチの方がチャンスをつくっていたし、順位を考えれば、格上のチームに善戦はしたかなと思う。
ケガ人が多く、ディフェンスの部分ではコンビネーションなどつくれていたけど、攻撃の面では、個の部分、もしくはコンビネーションの部分でも日替わりでやっている(試合ごとにメンバーの入れ替えがある)ので時間がかかると思うが、これから合わせていきたい。試合自体は徐々に良くなっているので、そんなに悲観するものではないと思っている。

仙台のディフェンスは深い位置まで下がって来るので、(DFラインの)裏に蹴っても抜けない。高さもあるので高いボールを入れても勝てない。だからなるべく、DFと中盤との間で受けて、跳ね返されてもセカンドボールを拾えればチャンスになると見ていた。それで前からプレッシャーをかけていこうと話していた。そのあたりは、後半はハマったと感じている。
(もっとも決め手を欠いているのは)相手のボールにしてしまうこと。一つはスローイン。それでリズムが狂ってしまう。相手のスローインは相手ボールのまま(味方につながる)でシュートなり攻撃にいけるが、ウチのスローインは7割近く取られる。そこでリズムが狂ってしまう。去年からずっと気になっている。ちょっとしたミスが、どちらに流れるか……。そういう細かい部分の詰めの甘さが、大きな一点の差になって出てきた。

今日の試合、「どこかでチャンスがある」という気持ちでいたが、相手のディフェンスがひじょうに強くかった。今までやった中でもたぶん一番強かった。高さではなく速さで攻めていきたかったのだが、カバーリングまでしっかりしていたので……。ただ、次戦うときには、対戦相手として非常に楽しみな相手になった。
攻撃も、何人か成長してきてくれているので、徐々にレベルは上がってきている。たとえば畑中、それから壷井はコンスタントにやってくれているし、巴月も点を取って、よく動いている。それから楓(佐藤)。新加入の選手たちがしっかり融合してくれているので、去年みたいに大崩れしなくなった。良くやってくれていると思う。