NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグ2013 第5節 vsジェフL】

いい時間帯に先制点を取れて、それまでは劣勢で、それ以降もずっと劣勢でしたけど、先制点を取りながら流れを掴みきれなかったところがある。去年から全体的に相手に主導権を握られている試合がほとんどなので、今日、失点1で終われたのは全体的に良かった。あれだけ攻められたら、もう少しやられてもおかしくなかった。
それから、攻撃がなかなか連動してできない。守備の部分については個々でやってるんですけど、攻撃は徹底した連動性がなかったし、個で打開する局面しかなかった。3人、4人ぐらいで連動して点を取りたかった。
とはいえ、負けなかったので次にはつながると思います。徐々にですがクオリティは上がってきている。次の吉備国大は目の前の敵なので、そこに勝って弾みをつけたいと思います。

(松田・佐藤・壷井の前節からのポジションチェンジは)
ディフェンスを安定させたかった。ここのところ松田を前で使って、色んなポジションに入っていくので、本来いるところにいないことがあった。それで去年からやっているサイドバックにした。
佐藤は足の痛みもあるということで右サイドに。佐藤は右も左もできるので右にした。
壷井は攻撃のキーになるかなということで前に上げた。両サイドから、少し攻撃の厚みを増したかった。なかなかうまくはいっていませんが。ディフェンスはそこそこだが、オフェンスについてはまだ物足りなさが出たかなという感じです。

球際についてはまだ緩いところがある。ジャストのボールで全部負けている。中盤、特にボランチのところでもっとファイトしろとハーフタイムに話をしました。それでできた部分と、人を代えてやらなければならない部分があった。前年度からボランチのところがちょっとネックになっている。けが人も出て、実際問題、真ん中が厳しい。誰が合うのか探っている状態。

浜田は昨日も練習試合に出て、調子も上がってきていると本人が言っていた。ただ、アジリティはまだまだかなと。いつもなら1対1でぶっちぎって行けるスピードがあるが、今日は一歩二歩がまだまだ出ていないと感じた。まぁ徐々に。復帰からの時間を考えればできた方かなと思う。

(強風、ピッチコンディション対策は)
風上に立ったときはシュートを、ただ、流されるとそのままGKまで行ってしまうので、質のいいボールを出さなければと話した。あとはサイドバックの後ろのスペースを使うことを指示した。
芝の状態が良くないので、ディフェンス陣にはすべて正面で処理するよう言った。足だけで行くと、バウンドが変わって抜けることもある。それから、シュートを打ってからもボールに詰めること。バウンドが変わって(相手)GKがこぼすこともあるので。それは逆も然り。シュートを打たれたら、しっかりセンターバックがカバーリングしなさいと話をした。地の利なので、このグラウンドでも仕方ないかなと。ジェフの方が若干嫌がっていたと思う。