NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグ2013 第3節 vsI神戸】

前半に関しては、INACという名前、選手に対し気負っていた感だった。それでちょっと下がってしまい、本来のやりたいサッカーができなかった。INACは個のレベルが高いので、どうしても下がらざるを得ない。その状況のなかでどれだけガマンできるかだったが、それがうまくいかなかった。
それから、球際がほとんど負けていた。そこで負けていたらサッカーにならない。

後半は、前からプレスに行くよう指示をしました。球際も強く行きなさいと。ボールをつなぐのにも、怖がってつなげない、ボールを蹴るだけになっていたところがあるので、しっかりつなぐよう指示をした。全体をもっと、一つの動きの中で連動していくように話して送り出しました。
それで、後半に関しては、前半よりチャンスも出来ていたし、シュートも打っていた。昨シーズンより、INACに対して少しではあるが成長できたと思う。

セットプレーからの3失点は気に食わないので、そこの対応をやっていく。3試合で3失点ずつしている。あまりにも失点が多すぎるので、次の試はメンバーを含め考えていきます。

(巴月、畑中選手の評価は)
巴月は前節ゴールを決めて、気持ち良くやっていると思う。前半は守備に回ることが多かったので、後半は攻撃を重視するよう話をした。彼女の持ち味であるドリブルは随所で出たと思う。
ただ、まだ、周りとの連携がもう一つかなと思うのでそこはこれから。
畑中は、個のレベルの高いチームとやっているので、勉強の意味でも、やられながらでも肌で感じてくれていると思う。1試合1試合良くなってはいると思う。次の試合も期待して使っていきたいと考えています。

(タイの2選手の復帰のメドは)
たぶん二人とも1ヶ月ぐらいはできないと思う。プイはもうちょっと重症かなという感じ。ネットは4月の終わりで出られたら良いかなという感じです。