NEWS

【監督コメント:プレナスなでしこリーグ2013 第2節 vs日テレ】

今日は前半の立ち上がりも、前半は全般、前からプレスをかけて非常にいい位置でボールを取れていた。結局、そこで点が取れなかったのが一番痛かった。自分たちの流れのときに連動してもうちょっと攻撃ができていれば……。
それから、後半の立ち上がり、失点には十二分に注意しようと言っていたのだが、まだまだチーム力として力がない証拠で、ああいう場面で簡単にやられてしまった。あとはネットの負傷が、ここへ来てとても痛い。
経験のないチームなので、10人になったらどうしなければいけないかというのをまだ全員が共通理解として持っていなかった。それで2点目、3点目と与えてしまった。あれはいらない失点、防げる点だった。
でも、選手はよくやったと思う。ケガ人が想定外だった。次の試合に向けて考えていきます。ちょっと、もったいない試合でした。

(前節から戦い方を変えたのは?)
このチームの立ち上げから、そして合宿でも、前線からのプレッシングを練習していた。しかし前節は浦和ということで、相手をリスペクトしすぎて、引いてカウンターという昨年の後期のイメージでサッカーをやってしまった。それで今日は、いつもやってきた、前からプレッシングをしてハメていこうという、これまでのプレーに戻しました。合宿中もベレーザと練習試合をやって、何度かハマったので、選手としても前向きに、攻撃的に守備ができるだろうと考えた。ということで今週1週間、合宿中のプレーを思い出すトレーニングをしてきました。

一人少なくなって、システムを4-3-2にして前からプレスをかけさせた。それで点を取ったので4-4-1にしたのだが、4-3-2で行った方がよかったのか……。ただ、ボランチが結構ヘバっていてヨコのスライドが厳しくなっていたので4-4-1にして守備固めに入ったのですが、ベレーザの方が1枚も2枚も上手(うわて)なので簡単にやられた。あのへんでサイドに追い込むディフェンスが徹底されていない。やはり経験のなさかなと思う。そこで対応できる選手が一人でも二人でもいれば中で修正できると思うのですが、修正することがたくさんあって、なかなかそこまで。自分も声は出したが届いていなかった。

INAC戦は、ネットの位置がどうなるかによって変わってくるが、まずは前からプレスをかけて、奪って、点を取ること。基本的にはその形でやっていきます。開幕前から、選手たちにはこの3連戦はキツイと話していた。だからまずは点を取ってリズムに乗りたい。それで、INAC戦の「次」につなげたいと思う。前からプレスをかけてハメ込んでいきます。

(畑中選手の評価は?)
まだ経験もないのでミスもあるが、現場でプレーをさせないと成長してこない。スピードも対応能力もあるので、あとは状況判断。経験を積ませて、90分間戦えるようにしていきたいと思う。面白い選手だと思っています。