NEWS

【ES第6節 伊賀FC戦:試合結果&試合後コメント】

2015プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ 第6節
2015年11月8日(日)13時00分
@高槻市立萩谷総合公園サッカー場
スペランツァFC大阪高槻 0-2 伊賀フットボールクラブくノ一

〇本並健治監督
もっと気持ちがほしい。こっちが負けているのに、相手のほうが戦っていた。今年のチームを象徴する試合だった。すごくイヤな負け方をした。
後ろ(守備陣)が体を張っているのだから、前の選手がもっと必死にやらないと。中盤でスライディングに行くとか、そこの必死さがまったく足りない。
今日のような気持ちがない状態では、入替戦も勝てない。必死にやっているつもりかもしれないが、伝わってこない。相手のほうが五分五分のボールでスライディングに来ていた。もっとしっかりと状況を頭に入れて戦わないと落ちる。もう一回仕切り直して、入替戦に行く。

(サポーターのみなさんへ)
リーグ戦、今季ここまでサポートしていただきありがとうございました。こういう結果となりひじょうに残念です。今年一年を象徴するような、最後にふがいないゲームをやってしまいました。
まだ入替戦が残っています。そこでチームがどれだけ、100%以上の力を出して勝負できるかにかかっていると思います。
皇后杯もありますが、まずは入替戦に集中します。まだ私たちのシーズンはつづくので、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

○虎尾直美選手(キャプテン)
今日は雨の中、応援ありがとうございました。
目標としていた上位リーグに入ることができず、チーム全体として今年はひじょうに厳しいシーズンでしたが、最後まで諦めずに応援していただきありがとうございます。
まだ入替戦が残っているので、自分たちも最後まで諦めることなく頑張ります。最後、絶対に勝つので、みなさん、応援よろしくお願いします!