NEWS

【ES第5節 AS埼玉戦:試合結果&試合後コメント】

2015プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ 第5節
2015年11月3日(火・祝)13時00分
@高槻市立萩谷総合公園サッカー場
スペランツァFC大阪高槻 2-1 ASエルフェン埼玉
得点者:丸山桂里奈(56)成宮唯(67)

〇本並健治監督
一つ、重要な試合で結果を出すことができた。チャンスも結構あったし、そこをしっかり決め切らないとまた最後に何があるか分からなかったが、相手にはさほどチャンスを作らせなかったし、しっかりとした守備から攻撃へと連動できていた。
(前の試合の敗戦で厳しい状態になったが)とにかくメンタルの問題なので、選手たちには「開き直ってやろう」と言ってきた。精神的な部分がしっかり整えば、チーム力としてはウチのほうが上だと思っていたから、「(今日の)この試合が大事や」ということはあまり言わないようにして、「平常心で、普通通りやったら大丈夫だ」と、余計な気負いをさせないようにしてきた。
とはいえ今日勝ったことの意味は、次のゲームで決まる。最終戦をホームでやれるのは大きい。ここのグラウンド(高槻萩谷)では伊賀に負けていないし、いいイメージがある。けが人も戻ってきて、それも含めていい方向に向いている。

○丸山桂里奈選手(同点ゴール)
(早い時間に失点したが)まだ時間はあったので、みんな、取り返せると信じていました。
(ゴールシーンは)監督からいつも「シュートを打て」と言われているので、強引にでも打とうと思いました。入ったので良かったです。でもまだ1点追いついて同点になっただけだったので、もう1点取ろうと気を引き締めました。
もっとチャンスがあったので、そこでしっかり点を取って試合を決められていれば、ここまでしんどくなかったとは思います。次はそこをしっかり決められるよう頑張りたいと思います。
次が最終戦、残留のために本当に大事な試合です。みなさんの声援が力になりますので、引き続き応援よろしくお願いします。

○成宮唯選手(逆転ゴール)
練習から、桂里奈さんとのコンビネーションを意識してやってきました。それができて良かったです。うれしかったです。
その後は、これまで、点を取って、守備に入って逆転されることが多かったので、「もう1点取りに行こう!」という気持ちでした。
今日勝って、でもまだ厳しい状況なので、次も勝って残留を決めたいと思います。応援よろしくお願いします!