NEWS

【監督コメント】プレナスなでしこリーグ2012 第15節

今日のゲーム、選手たちには、まず勝ち点1を取りに行こうと伝えました。相手が縦に早いチームなので中をしっかり締めて、ギャップをつくらないように、なるべくサイドに追いやって、サイドで突破をされても中を締めてしっかり跳ね返そうと話しました。
それがしっかりと出来て、そして立ち上がりの15分以内に2得点できたのが大きかったです。向こうもたぶん余裕で来ていた分、隙があったかなと。そこをウチがしっかりと詰めて、得点できたのが大きかった。

前節、失点を0に抑えたので、そのあたりの自信から、最後まで集中が切れることなく、今節もまた失点0に抑えられたのだと思います。あとはGKが、今日は非常によかったです。
今日、勝ち点が取れたことで順位も一つ上がりました。次の試合をしっかり勝って、もう少し、残留ラインまで上がりたい。入替戦も避けたいので、そのためには次の試合がポイントになると思っています。

(監督の言う「自滅」が減ったのは)まず具体的に選手たちに話をしてきたのは――「集中しなさい」と言っても、逆に集中しすぎる選手、ボールウォッチャーになってしまう選手がいたので、ボールに近い選手はしっかりプレッシャーをかけること、そしてボールから離れている選手、たとえばDFラインに関しては、相手とボール、特に相手をよく見ておくこと、そしてなるべく良いポジションをとること――と伝えたところ、福岡戦がよかったので、次の試合も続けてやりました。
しかし個の部分で、例えば宮間(あや選手)などには個でやられているケースがあった。スペシャルな一人選手がいて、そこでミスが出てしまうとやはり負けてしまいます。
そのあたりを注意してきましたが、しっかり出来るときと出来ないときと、まだチームが安定していないところがあります。今日は、ボールがないところの集中力が非常にあったと思います。

練習ではオフェンスを中心にやっていますが、試合ではディフェンスにまわることが多い。そんななかでも集中力を切らさないで取り組むために、練習では、ボールと一緒に走るとか、素走り系も多くなります。弱いチームなので、試合では当然、走らされることが多くなる。スタミナの部分で、前期と後期はじまってのところは切れていました。でもそこはなんとか、いま結果として見えてきたかなと感じています。
自分が走れ走れというので、選手たちはものすごく嫌がっていますが(笑)。