NEWS

【選手コメント】皇后杯 3回戦

奥田キャプテン、丸山選手、浜田選手のコメントです。

◆奥田亜希子選手(キャプテン)
決定機も多くあったし、簡単に勝てる相手でないことは分かっていたことだったので、決めるところで決められなかったこと、そして耐えるべきところで耐えられなかったことが、この結果になったと思います。
今日は球際の部分で相手の方が気持ちが出ていました。五分五分のボールも相手の方に転がることが多かったし、セカンドボールも狭山の方がよく拾えていた。要所要所で気持ちの面で負けていました。技術というより、まず気持ちで負けていたところが大きかった。
とはいえ勝たないといけない試合だったので、その結果という責任、原因をつきつめて考え、今季最後の大会の試合を来年に生かせるように、この負けが無駄にならないようにだけはしていきたいです。

来シーズンは、最終的に今季より上の順位にいたいです。今季は一度、上位相手に勝ち星を取れているので、その回数を1回でも2回でも多くしていきたい。上位相手にも勝ち点を取る戦いができるチームにしていきます。

(サポーターのみなさんへ)
今シーズンはチーム体制が変わり、私たちにとって難しいシーズンでもありましたが、みなさん、最後の最後、ホーム戦でもない全日(皇后杯)まで応援に来て下さった方が多くて、本当に、「ありがとうございました」という感謝の気持ちしかありません。その感謝の気持ちをちゃんと表せるよう、来季はサポーターのみなさんに喜んでもらえるような結果をいっぱい返したいです。内容も、「応援していてよかった」と思ってもらえるチームにしていくので、引き続き応援よろしくお願いします。

◆丸山桂里奈選手
前半、自分たちが押していた時間帯に点を取れなかったのが痛かった。大切なところで決めないとピンチになる。もう少しゴールに向かう意識を高く、ゴールに貪欲にいかないといけないなと改めて感じました。自分も今日は(シュートを)1本も打てていないので……。
こういう試合の中でしっかり決められるようにならないと、いくら練習で決めていても結果にはつながならない。またしっかり練習したいです。
監督が代わって、サッカーも変わって、良くなったので、自分たちがもっと一生懸命頑張らないといけないなと感じています。

全日(皇后杯)は、上手い下手より、その時の気持ちが強い方が勝つ試合だなと、今日思いました。
今日は相手の方が気持ちが上回っていた。球際もみんな負けていた。球際の弱さについては本並さんにずっと言われていること。そこは絶対に強くないとダメと言われているので、そこをもっといかないとと思ってます。

契約更改は、一人で決められることではないのでまだですが、本並さんが契約更改してくれたのが自分の中では大きいです。本並さんのサッカーは面白いし、新しい選手も加わって、チームが強くなると分かる。そこでサッカーをしたいなという気持ちがあります。
五輪予選でケガをしてから、山あり谷ありでしたけど、今季はチームが残留できたのが一番大きかったです。そのチームでまた戦っていきたいし、来年は一つでも上の順位にいけるよう頑張りたいです。チームと成長するために高槻に移籍してきたので、来年もまたチームと一緒に成長して、また代表にもこだわっていきたいです。

◆浜田遥選手
今日は試合への入りが悪くて、自分が決めるべきところで外してしまった。自分が決めていたら、きっともっと良い流れになっていたと思うし、勝てていたと思います。
(フリーで打ったが決められなかったシーンは)シュートで終わろうという気持ちだったのですが、ボールの位置が悪くて、コースが限定されて迷ってしまいました。

個人的に、今シーズンは全然ダメでした。来年は、チームがどんな状況でも、自分が引っ張っていくようなプレーをできるようになりたいです。なでしこ入りを目指すより、チームで結果を出すことが今はまず大事だと思っています。