NEWS

【選手コメント】プレナスなでしこリーグ2012 第18節

奥田キャプテン、丸山選手のコメントです。

◆奥田亜希子選手(キャプテン)
本日は雨のなか応援いただき、ありがとうございました。
リーグ最終戦をホームでやれるということで、残留は自分たちの手で決めたいと思っていました。絶対に勝ちたかった試合を、みなさんの前で勝つことができ良かったです。
最低限の目標だった残留を決めることができて、本当に嬉しいです。

皆さんにはこの1年、モヤモヤさせたり、ご心配をおかけしたりしましたが、最後の最後、ちょっとは進化した姿を見ていただけたかなと思います。今日は来年につながる試合ができたと思います。
1部で戦い続けられるチームになれば、個人もより成長できますし、チーム力も付いていくと思うので、今季つなげた第1歩を来季に繋げるために、明日から練習に取り組んでいきます。

今年は、試合を見にきてくれるサポーターや、応援してくれる方々へ感謝の気持ちを改めて感じた1年でした。大きく環境が変わり、戸惑うこともありましたが、変わらない温かい声援を受け、最後まで戦いきることが出来ました。
本当にありがとうございました。
また来季も応援よろしくお願いします!

◆丸山桂里奈選手
残留を決めることができ、ホッとしてます。自分たちが持っているもの、気持ちを出していけば勝てると、みんなが思っていましたが、チームが一つになればここまでできると証明することができました。本当によかったです。

前半も、ハルカ(浜田)からのボールでいい形が何回かつくれていたので、良いイメージはできていました。「ここぞ」というチャンスはありませんでしたが、ディフェンスがしっかり守ってくれ、中盤も宮本選手を抑えてくれていたので、チャンスは必ず来ると思っていた。
監督からも、ハーフタイムに、チャンスは少ないがそこで決めようと言われていました。チャンスというか、PKでしたが、先制できてよかったです。
本並さんになって、組織的にサッカーできるようになった。攻撃陣で得点できて、守備も守れるようになり、日々進化しているなと実感しています。
PKは、GKが動いたら、違う方向に蹴ろうと思っていたのですが、動かなかったので、いつも蹴る右に蹴りました。

今回も、試合前にモチベーションビデオを作ってもらって見ました。ピッチに立っている選手が頑張るのはもちろんですが、メンバー外の選手も、チームの存在があって自分たちも頑張れる。本当にみんなチーム一つになって頑張ろうと、試合前に気持ちが引き締まりました。
今日のような天候になると、技術というより気持ちの勝負になってくる。絶対に勝ちたいと思う方が、勝つ。今日はその想いが自分たちの方が上だったと思います。

(リーグ戦後半)試合が始まったらあっという間でした。私も得点できるようになったし、前期に比べてチャンスをつくれるようになりました。今年はじめ、「自分もチームも成長できるチーム」だと考え、スペランツァを選びましたが、来年が今、すごく楽しみです。
今シーズンは残留が目標で、その目標を達成できました。来季はレベルが高いチームにもっと食い込んでいけるように、皆で頑張っていきたい。そうして、チームとして一つでも上に行きたいです。