NEWS

【監督コメント】プレナスなでしこリーグ2012 第11節

先制して、追いつかれて、このような結果となりましたが、点を取れたことを前向きに捉えて次のゲームに向かいたいと思います。やっぱり、3点目が全てだったかなと。
どの試合もそうですが、どこかで集中力が切れてホワッとなる時間帯がある。今日はその時間帯に3点目が入ってしまった。あの失点が、今日のゲームの全てです。
次のゲームは裏天王山なので、しっかりと、次は勝てるようにします。今日は前の試合よりも良いところがたくさん出たので、それを前向きに捉えて、次のゲームに勝ちに行きます。

(丸山の初ゴール、彼女の評価と交代について)
交代については、前のゲームで負傷したので、当初から45~60分位がメドかなと見ていましたが、膝をかばいながら体全体に影響が出てしまった感じだったので、交代となりました。膝の問題、体調面を含めて80%ぐらい回復していると思います。残り20%は、やりながら、ケガと相談しながら上げていきたいなと考えています。

(普段の練習では何に重点を置いているか)
このチームは、人とボールが動かなかった。パスを出したら(人が)止まっていることが多かったので、まずそこを変えなければ攻撃ができないと考えました。人に(ボールが)当ったら、2人目、3人目が動き出すということを重点的にやりました。守備の練習はほとんどしていません。
攻撃のトレーニングで、ボールと人が動くように、常に心がけています。その成果が出て、若干スムーズにはなってきたかなと思っています。

(浅野選手の評価は)
もうちょっと裏に抜け出せるかなと思っていましたが、初めてやったポジションなので、なかなかそこにボールが出てこなかった。プレッシャーがかかると(浅野自身が)慌ててしまったり、味方からボールが出てこなかったり、受ける側として難しい場面がありました。チーム全体の共通理解として「裏への飛び出し」ということが一つあれば、もう少しチャンスはできたと思います。
しかし守備に回る時間があまりに多すぎた。それを考えると、よく動いてくれたと思います。