NEWS

【選手コメント:プレナスなでしこリーグカップ2012 第2節】

奥田キャプテン、丸山選手のコメントです。

◆奥田亜希子選手(キャプテン)
カップ戦で2試合続けて大量失点してしまったのは反省すべきこと。
でも、チームがやろうとしていることは全員が意識をして、みんなでしっかり考えてやっています。
この2試合で出た問題を修正出来れば、この大敗にも意味が出てくると思います。
このまま流してしまい、本当の意味での負けにしないよう、取り組んでいきます。
また、そういう姿勢を周囲にも示すことができれば、大敗にも意味があったといえることができると考えています。
応援に来て下さったサポーターのみなさんには本当に申し訳ないと思っています。
ですが、チームがやろうとしていることは、チームみんなで意識して取り組んでいます。
長い目で見守って下さるとありがたいです。

◆丸山桂里奈選手
一つ前の試合も大量失点していたので、今日はチームとして、まず守備からしっかりやろいうということだったのですが、暑さもあって集中が切れ、足が止まっている時間が多かった。
ちょっと残念な結果になりました。
個人的には、少なくとも1試合1得点ずつというのを目標としていますが、なかなか、相手のディフェンスもすごく良かったし、前に行けなかった。
すごく悔しいです。
湯郷は前でボールをインターセプトしてくることが多かったし、自分がボールを受けられそうなシーンでもスライディングでカットさ?れる部分も多かった。
そこは、スライディングをされてももっと前に行ける強さをつけるよう、練習からやっていきたいと思います。

(五輪のメンバー発表を前に)
自分がやれることは本当に一生懸命やってきました。あとはノリさん(佐々木則夫監督)が決めるだけ。自分はしっかり心を落ち着けて、発表を待とうと思います。
ケガをしたあとは、前が見えなかったり、長いリハビリはつらかったですが、アテネ、北京とオリンピックに出場して、監督と、ロンドンでメダルを取るという目標を掲げてやってきました。
そういう想いが、つらいときにもしっかりと自分の中にあったので、充実したリハビリでした。
それに、高槻に移籍して来て、みんなが本当に応援してくれているので、その人たちのためにも頑張りたい気持ちが強くなっています。
ケガをしたのも五輪に間に合う期間でしたし、これまでやったことのないリハビリを精一杯やってきたつもりなので後悔はありません。
メンバーに選ばれたら、これまで支えてきて頂いたみなさんに勇気や元気、感動を与えられるプレーをしたいと思います。